メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警視庁

新種ウイルスで不正送金 被害2.4億円 摘発

コンピューターウイルス「ドリームボット」を使ったインターネットバンキング不正送金事件の構図

 警視庁サイバー犯罪対策課は5日、新種のコンピューターウイルス「ドリームボット」を使い、インターネットバンキング利用者の預金を不正に引き出していた犯罪グループを摘発したと発表した。被害は茨城県の法人など総額約2億4000万円に上るとみられ、同課は組織の全容解明を進める。ドリームボットは、使い捨てで不正防止に有効とされる「ワンタイムパスワード」を悪用するウイルスで、全国的に被害が多発していたが、摘発は初めて。【安藤いく子】

 警視庁は先月27日、埼玉県川口市西川口2の無職、武村維先(いせん)容疑者(31)を窃盗容疑で逮捕。容疑は5月8日、東京都渋谷区内の現金自動受払機(ATM)で、他人名義のキャッシュカードを使い、現金約8万円を盗んだとしている。武村容疑者は容疑を否認しているが、同課はグループの中で不正に引き出した金を回収するまとめ役だったとみている。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです