メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル化学賞

欧米の3氏に 高解像の電子顕微鏡

 スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、生体内の分子を極低温にして高解像度で観察する「クライオ電子顕微鏡」を開発した欧米の3氏に贈ると発表した。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2400万円)が贈られる。自然科学3賞で、日本は14年から3年連続で受賞していたが、今年の受賞はならなかった。

 受賞が決まったのはスイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授(77)、英MRC分子生物学研究所プログラムリーダーのリチャード・ヘンダーソン博士(72)。同アカデミーは「生化学の新しい時代を切り開いた」と評価した。

 クライオ電子顕微鏡は、生体分子を急速に凍結させ、低温に保ったまま電子顕微鏡で解析する手法。急速に凍結させることによって、生体分子をそのまま立体的に観察することが可能になった。従来の電子顕微鏡では、電子線が生物の組織を壊してしまうなどの問題があった。生命科学の基礎的な研究だけでなく、創薬にも貢献している。

 大阪大蛋白質(たんぱくしつ)研究所の高木淳一教授は「3人はこの顕微鏡法のパイオニアでノーベル賞にふさわしい。ここ2、3年でさらなる技術革新があり、利用できる分野が一気に広がった」と評価。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターの白水(しろうず)美香子・副センター長も「大きくて結晶化しづらい複合体がどのように結合しているのかを分子レベルで詳しく調べることが可能になった。細胞内で複合体がどう働いているかが理解できるようになった。受賞は当然の成果だ」と話した。【荒木涼子、千葉紀和】

立体構造崩さず

 大阪大の難波啓一・特任教授(生物物理学)の研究にもクライオ電子顕微鏡は欠かせない。「従来の電子顕微鏡はサンプルを真空状態にして観察するため、たんぱく質の立体構造が壊れてしまう。クライオ電子顕微鏡は凍結させることで立体構造が崩れない」と利点を話す。「受賞した3人は凍結させる方法と、像を立体化させる方法を確立した。この顕微鏡で創薬につながるたんぱく質を見つけ出すことができる」と期待する。

 ただ、大型で1台数億円もする装置で、国内の数も限られる。大阪大にあるクライオ電子顕微鏡には「使わせてほしい」という外部の機関からの申し込みも寄せられるという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです