メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪会場

大腸菌20倍 東京・お台場、基準値超え対策へ

 2020年東京五輪・パラリンピックで水泳のオープンウオーターとトライアスロンの会場になるお台場海浜公園(東京都港区)周辺の水質について、今年7~9月の調査期間の半分以上の日で、それぞれの国際競技団体(IF)の基準を上回る大腸菌などが検出されたことが4日、明らかになった。大会組織委員会と都が同日、発表した。組織委側は菌の流入を防ぐ措置で対応可能とし、「会場変更の必要はない」との見解を示している。

 水質悪化の原因は、都心で観測された21日連続の降雨で汚水などがたまったため。都オリンピック・パラリ…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです