メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん対策

死亡削減目標にばらつき 10府県は設定へ 国は計画盛らず

 国が策定中の「第3期がん対策推進基本計画」に基づき都道府県が改定するがん対策推進計画で、少なくとも10府県が国が計画に盛り込まないことを決めたがんによる死亡率削減の数値目標を設定する方針であることが、各都道府県への取材で分かった。一方で3県は数値目標を設けない構えで、対応にばらつきが出ている。

 国の第3期計画は2017~22年度の6年分で、月内に閣議決定される。1、2期の計画では、地域ごとの人口構成の違いを調整した75歳未満のがん死亡率を20%減らすと明示していたが、この10年での実績は15・6%減にとどまる。新計画を作る議論では、予防に重点を置くことや、精密検査の受診率など個別の対策の目標を新たに設ける方針などが打ち出され、死亡率の目標は掲げないことが決まった。

 毎日新聞が各都道府県に取材したところ、計画改定後も死亡率削減の数値目標を引き続き盛り込む見込みとし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです