メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん対策

死亡削減目標にばらつき 10府県は設定へ 国は計画盛らず

 国が策定中の「第3期がん対策推進基本計画」に基づき都道府県が改定するがん対策推進計画で、少なくとも10府県が国が計画に盛り込まないことを決めたがんによる死亡率削減の数値目標を設定する方針であることが、各都道府県への取材で分かった。一方で3県は数値目標を設けない構えで、対応にばらつきが出ている。

 国の第3期計画は2017~22年度の6年分で、月内に閣議決定される。1、2期の計画では、地域ごとの人口構成の違いを調整した75歳未満のがん死亡率を20%減らすと明示していたが、この10年での実績は15・6%減にとどまる。新計画を作る議論では、予防に重点を置くことや、精密検査の受診率など個別の対策の目標を新たに設ける方針などが打ち出され、死亡率の目標は掲げないことが決まった。

 毎日新聞が各都道府県に取材したところ、計画改定後も死亡率削減の数値目標を引き続き盛り込む見込みとし…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです