特集

核兵器禁止条約

核兵器開発などを初めて全面的に禁じる核兵器禁止条約が1月22日に発効しました。核軍縮の前進につながるか注目されています。

特集一覧

核兵器禁止条約

賛同515万人 被団協、国連に署名目録

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の木戸季市事務局長(77)は5日、ニューヨークの国連本部を訪問し、今年7月に採択された核兵器禁止条約に賛同する約515万5000人の署名の目録を、軍縮担当の中満泉国連事務次長と国連総会第1委員会のアルルーム議長(イラク国連大使)に渡した。

 木戸氏は署名録と一緒に声明文も提出。その中で「国際紛争や緊張の高まりは、核兵器禁止を促す理由にこそなれ、反対する理由にはならない」と主張し、核保有国や日本政府に条約署名を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文406文字)

【核兵器禁止条約】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集