メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

国指定史跡「陸平貝塚」 村民らが守った「日本考古学の原点」 /茨城

住民らが2年がかりで復元した竪穴住居

 霞ケ浦に突き出た美浦村安中地区の小高い丘の頂上周辺に、国指定史跡の陸平(おかだいら)貝塚がある。縄文時代初期(約7000年前)から後期(約3500年前)にかけての貝殻や土器などが出土した。陸平貝塚のある周辺約3万平方メートルは陸平貝塚公園として整備されている。

 陸平貝塚など文化財の保存や活用などをしている施設、「美浦村文化財センター」(同村土浦)によると、陸平貝塚は8カ所の貝塚群からなる。その一つ「D貝塚」は現在も縄文時代の貝殻が地表面に露出しており、保護のため木道の散策路も設けている。

 米国の動物学者エドワード・シルベスター・モース博士(1838~1925年)が1877年に発見した大…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです