メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

選挙区情勢 5区 消えた「野党統一」 前回に続き三つどもえ /長野

 「このままでは自民勢力が過半数どころか8割になってしまう。安倍(首相)・小池(東京都知事)の覇権争いに立ちはだかる」。前中川村長の無所属新人、曽我逸郎氏(61)は4日、宣言した。民進から出馬予定だった新人・中嶋康介氏(40)の希望公認を受け、改憲を掲げるなど希望の党が「自民の補完勢力」となり得ることを危惧した市民団体の要請で立候補を決意した。共産もこの動きに反応し、「曽我氏が野党統一候補として立候補するなら支援に回る」と新人の水野力夫氏(37)の擁立を取り下げた。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです