メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

靴の土ぼこり /静岡

 第二次世界大戦で、ナチスがユダヤ人らを収容したポーランド南部のアウシュビッツ強制収容所と、約3キロ離れた第2収容所ビルケナウを昨秋、訪れた。ツアーの最後に見学したのは、粗末なレンガの女性用バラック。室内には、ささくれだった板きれだけの3段ベッドが並んでいた。

 収容された人たちは、過酷な強制労働の後、このベッドに体を横たえたのだという。栄養状態が悪く、腹を下した収容者の排せつ物が上の段から流れてくるなど悲惨な状況だったと、ガイドが説明してくれた。収容者たちの汗や涙が染み込んでいる…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです