晩秋の特別拝観

播州3寺院で 30年ぶりの仏像公開も 来月 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西国三十三所巡りが来年で1300年となるのを記念して11月、播州清水寺(加東市平木)▽一乗寺(加西市坂本町)▽円教寺(姫路市書写)--の3寺院で「晩秋の特別拝観」が開かれる。それぞれ紅葉の名所としても知られ、普段は目にできない宝物とともに楽しんでもらう企画だ。

 日本最古の巡礼所とされる西国三十三所は、718(養老2)年、徳道上人が開いた観音霊場のルーツと伝えられる。滋賀県の「西国三十三所札所会」(会長=鷲尾遍隆・石山寺座主)では2020年まで、近畿2府4県と岐阜…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集