マガン

米子水鳥公園に初飛来 昨年より2日早く /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋の深まりを告げる国指定天然記念物のマガン(カモ科)が5日、米子市彦名新田の米子水鳥公園に今シーズンで初めて飛来した。昨年より2日早い。

 午前8時半ごろ、同公園上空を飛ぶ8羽(成鳥3、幼鳥5羽)を主任指導員の桐原佳介さん(44)が発見した。マガンは池に降りようとした後、再び高度を上げて旋回し、飛び…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集