メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏VSティラーソン氏 重要政策で対立多数

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官が今夏、トランプ米大統領との対立を背景に辞意を固めていたとの観測が浮上、米NBC放送が4日伝えた。ティラーソン氏は緊急会見を開いて否定、トランプ氏も「100%信頼している」と全面否定した。

 だが、北朝鮮やイラン政策など重要課題で両者の食い違いが目立ち、今後も辞任をめぐる観測報道が続きそうだ。

 ティラーソン氏は先月末に訪中した際、核・ミサイル問題を解決するため、北朝鮮と複数のチャンネルで交渉…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです