メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏VSティラーソン氏 重要政策で対立多数

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官が今夏、トランプ米大統領との対立を背景に辞意を固めていたとの観測が浮上、米NBC放送が4日伝えた。ティラーソン氏は緊急会見を開いて否定、トランプ氏も「100%信頼している」と全面否定した。

 だが、北朝鮮やイラン政策など重要課題で両者の食い違いが目立ち、今後も辞任をめぐる観測報道が続きそうだ。

 ティラーソン氏は先月末に訪中した際、核・ミサイル問題を解決するため、北朝鮮と複数のチャンネルで交渉開始を打診していると明かした。だが、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼ぶなど敵意をむき出しにするトランプ氏は10月1日、「(北朝鮮と)交渉を試みるのは時間の無駄だ」とツイート、ティラーソン氏を面目丸つぶれにした。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです