メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルド

独立の悲願 住民9割賛成、周辺国は反発 イラク北部自治区

記者会見するイラク北部クルド人自治政府トップのマスード・バルザニ議長=中心都市アルビルで9月24日、ロイター

 イラク北部のクルド自治政府は9月25日、イラクからの分離・独立の是非を問う住民投票を実施した。法的拘束力はないが独立賛成票が9割以上を占め、自治政府のマスード・バルザニ議長(71)はこの「民意」を盾に中央政府と交渉に入りたい考えだ。だが中央政府や米国などは反発。独立への道のりは容易ではない。クルド人を抱えるトルコなど周辺国も影響に神経をとがらせる。問題の歴史と現状をさぐった。【カイロ篠田航一】

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1502文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです