メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

創薬、治験始まる 難病患者約20人対象 京大病院

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用した研究で見つかった難病治療薬の初の治験が5日、京都大病院(京都市左京区)で本格的に始まった。対象疾患は筋肉や腱(けん)などの組織に骨ができる難病の「進行性骨化性線維異形成症」(FOP)で、患者の山本育海(いくみ)さん(19)=兵庫県明石市=が参加して診察を受けた。

 治験を始めたのは京都大iPS細胞研究所の戸口田淳也(とぐちだじゅんや)教授らのチーム。今後、全国の約20人の患者を、有効成分が入った薬を投与するグループとしないグループに分け、半年間で有効性と安全性を調べる。その後の半年間は全員に薬を飲んでもらい効果をみる。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです