メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

秋の天体観測のススメ 星の瞬き恋しい夜長

 4日の中秋の名月を楽しんだ人も多いだろう。この時期、日ごとに長くなっていく夜の時間を、空を眺めながら過ごしてみよう。秋の天体観測の魅力を調べた。【倉田陶子】

 ★流星群やお月見

 「明るい星こそ少なめですが、秋の夜空は流星群やお月見など、さまざまな楽しみ方がありますよ」と、兵庫県明石市立天文科学館の鈴木康史・学芸係長は話す。

 この秋、観測できる可能性がある流星群は、りゅう座流星群(8日ごろ)▽オリオン座流星群(23日ごろ)▽しし座流星群(11月18日ごろ)--など。少し先になるが、12月14日ごろには、ふたご座流星群が見られ、鈴木さんは「今年は月明かりの影響が少ないので、よく見えるかも」と期待する。

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです