メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

「バネ棒はずし」の準備はOK? いますぐ使えるブレスレット&ベルト交換術[前編](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ブレスやベルトをカスタマイズしたり、古くなったから交換したい!でも素人だと作業するのは難しそう…なんて思っている方も多いはず。実は専用工具さえあれば意外と簡単なんです。

20171003_hayashi_WN_01

今回からは、ブレスレット・ベルト交換術の手順やコツ、注意点などをご紹介していきます。自分で交換ができれば、気分や用途に応じていつでも自由に着け替えが可能。とても便利なので、ぜひマスターしておきましょう。

 

ブレスやベルトは、どうやって固定されている?

20171003_hayashi_WN_02

時計のブレスレットやベルトはラグと呼ばれるケース突起部に、写真の「バネ棒」部品で固定されています。この「バネ棒」とは、その名の通り内部にバネが収納された部品で、肩部分(①の箇所)を押すと、伸縮部分(②の箇所)が縮み、ケースから取りはずせる構造になっています。その肩部分を押し下げるための専用工具が、写真下の「バネ棒はずし」です。

 

「バネ棒はずし」とは?

20171003_hayashi_WN_03

「バネ棒はずし」の先端部は、「棒状」と「二股状」の2タイプがあります。ラグの形状によって、それぞれを使い分けられるようになっていて、「棒状」は横に穴の開いているタイプのラグ、「二股状」はそれ以外のタイプのラグに使用します。

 

取りはずしの前にやっておくべきこと

20171003_hayashi_WN_04

取りはずしの前に、まずはラグの方式を確認。写真の時計はラグ横に穴のないタイプなので、「バネ棒はずし」の二股状先端部を使用します。

 

20171003_hayashi_WN_05

また、作業中にバネ棒が飛び出してもラグにキズを付けないよう、セロテープなどを貼ってマスキング処理も施しておきましょう。

 

次回はいよいよ、取り外し~取り付けまでの実践編!簡単なステップとコツさえつかめば誰でも交換ができるので、ぜひトライしてみてくださいね。

 

 

 

【関連記事】
世界のビジネスマンを支え続けるシチズン「アテッサ」、30年の節目に革新的な新シリーズを発売!
争奪戦必至!? 世界中のセイコーファンが熱視線を送る「セイコーアストロン」誕生5周年限定モデル
【腕時計の新常識】2017年のダイアル事情は?
【2017年の腕時計ケース事情】定番の貴金属や合金に加えて夢のある新素材たちが台頭!
日本上陸10周年のEDOX、ロマンと冒険心をくすぐる「グランドオーシャン」世界100本限定モデルを発表

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです