日産

38車種116万台リコール 無資格検査問題で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日産自動車グローバル本社=2012年、本社ヘリから
日産自動車グローバル本社=2012年、本社ヘリから

 日産自動車が無資格の補助検査員らに新車を検査をさせていた問題で、同社は6日、38車種、約116万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。日産は顧客に通知し、安全性を再検査する。

 日産には国内に六つの生産工場がある。リコールの対象になったのは、この6工場で2014年1月6日~17年9月19日に生産された全28車種(軽自動車を除く)と、いすゞ自動車やスズキ、マツダ、三菱自動車などから受託生産した全10車種。一つのメーカーの全車種がリコールの対象になるのは異例。

 日産はこれまで、対象を14年10月以降の計約121万台と発表していたが、精査した結果、約116万台に減った。リコール費用について、日産は約250億円とみている。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文654文字)

あわせて読みたい

注目の特集