メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

38車種116万台リコール 無資格検査問題で

日産自動車グローバル本社=2012年、本社ヘリから

 日産自動車が無資格の補助検査員らに新車を検査をさせていた問題で、同社は6日、38車種、約116万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。日産は顧客に通知し、安全性を再検査する。

 日産には国内に六つの生産工場がある。リコールの対象になったのは、この6工場で2014年1月6日~17年9月19日に生産された全28車種(軽自動車を除く)と、いすゞ自動車やスズキ、マツダ、三菱自動車などから受託生産した全10車種。一つのメーカーの全車種がリコールの対象になるのは異例。

 日産はこれまで、対象を14年10月以降の計約121万台と発表していたが、精査した結果、約116万台…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文654文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです