メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米韓FTA

再交渉へ トランプ米政権が押し切る

 【ワシントン清水憲司】米国と韓国の自由貿易協定(FTA)が再交渉に入る見通しとなった。韓国が難色を示してきたが、両政府は4日、ワシントンで行った協議で修正に事実上合意した。トランプ米政権はカナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)に続き、協定破棄をちらつかせて再交渉入りを押し切った形で、強硬姿勢が浮き彫りになった。

 米韓FTAはオバマ前政権の2012年に発効。トランプ米大統領は発効後、「対韓国の貿易赤字が倍増した」として、今年6月の米韓首脳会談で再交渉を要請していた。8月の協議では、韓国が再交渉に応じない方針を示したが、その後、トランプ政権内で米韓FTAを破棄すべきだとの強硬論が浮上。米メディアによると、最近もトランプ氏は破棄を辞さない構えを見せていたという。対外強硬派のナバロ通商製造業政策局長が影響力を保…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです