無痛分娩死亡

体制整っている信じた娘 父、真相知りたい

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新しい命の誕生からわずか10日後、母親は意識を取り戻すことなく亡くなった。大阪府和泉市の医院で臨んだ無痛分娩(ぶんべん)で今年1月、長村(ながむら)千恵さん(当時31歳)が死亡してから間もなく9カ月。事故は医師が刑事責任を問われる異例の事態になる。父親の安東雄志さん(68)=同府富田林市=が毎日新聞の取材に応じ、「本当に悔しい。なぜ娘が亡くなったのか真相を知りたい」と無念の思いを語った。

 「体制が整っているから大丈夫」。出産予定日の今年1月10日朝、実家から「老木(おいき)レディスクリニック」に送る車中で、助手席の千恵さんが運転席の父に話しかけた。3年前の長女出産後に腰を痛め、今回は自宅のある同府枚方市から里帰りして出産することにし、友人の勧めもあって無痛分娩を選んだ。インターネットでも調べて医院を決めていたという。子供の頃からしっかり者で「千恵が言うなら大丈夫」と言い聞かせた。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1400文字)

あわせて読みたい

注目の特集