特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル平和賞

核廃絶へ大きな希望 原爆投下のトルーマン氏孫、ICAN受賞を歓迎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トルーマン元大統領の孫クリフトン・トルーマン・ダニエルさん=長野宏美撮影
トルーマン元大統領の孫クリフトン・トルーマン・ダニエルさん=長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】原爆投下を決断したトルーマン元米大統領の孫クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(60)が6日、電話取材に応じ、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のノーベル平和賞受賞が決定したことに関し、「これをきっかけに核兵器の脅威がより目に見えるようになり、人々が耳を傾けることを望む」と歓迎した。

 ダニエルさんは被爆者との交流に熱心で、平和賞の一報はICANの活動に協力するカナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)のメールで知った。サーローさんは今年7月に採択された核兵器禁止条約に触れ、「(核保有国など)署名しなかった国を動かす手段になることを望む」と記していた。ダニエルさんも同じ思いだという。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文593文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集