特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季北海道高校野球大会

駒苫と札幌日大4強 あす、準決勝2試合 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立命館慶祥の主戦・高塚 拡大
立命館慶祥の主戦・高塚

 第70回秋季道高校野球大会(道高野連、毎日新聞社主催)は6日、札幌円山球場で3回戦2試合があった。駒大苫小牧が序盤に試合の流れをつかんで立命館慶祥を制し、札幌日大は旭川龍谷を中盤に突き放して勝利した。5日には北海道栄、旭川実が勝ち進んでおり、これで4強が出そろった。

 7日は休養日。8日は準決勝2試合が札幌円山球場で行われ、午前10時から北海道栄と旭川実、午後0時半から駒大苫小牧と札幌日大がそれぞれ対戦する。【源馬のぞみ】

冬季に磨きかける

 ○…制球力を武器に、地区大会で北海や札幌第一といった強豪の打線を抑えた立命館慶祥の主戦・高塚(2年)はこの日、持ち前の「内角、外角の厳しいコースを攻める」投球ができずに被安打9、6回5失点で降板。「先頭打者への四球でリズムが乱れた」と肩を落とした。地区大会からの連投による疲労と、直球をフルスイングする駒苫打線へのプレッシャーで硬くなったという。強気を保てなかった課題の立ち上がりを改善し、冬季に走り込みなどでスタミナを付けて「直球のキレと制球力を向上させ、緩急を付け打ち取る投球に磨きをかけたい」と雪辱を誓った。


札幌円山

 ▽3回戦

立命館慶祥、序盤の失点響く

立命館慶祥 000000030=3

駒大苫小牧 31010000×=5

 (立)高塚、橘井-中村

 (駒)大西、鈴木、大西-荻田

▽二塁打 大橋(立)横地、舞原、高嶋、大西(駒)

 駒大苫小牧は一回に横地の右中間二塁打などで3点先取し、先発・大西が被安打3に抑え好投した。立命館慶祥は八回、大橋の右越え二塁打などで3得点したが、守備の乱れによる序盤の失点が響き及ばなかった。

旭川龍谷、突き放される

札幌日大 500060010=12

旭川龍谷 005001000=6

 (札)木山、太田-瀬尾

 (旭)藤原、三浦-土田

▽本塁打 杉谷(日)三浦(旭)

▽二塁打 岩田(札)谷川、垣内中(旭)

 札幌日大は杉谷の先頭打者本塁打を含む4安打で5点先取し、五回にも4安打4四球で6得点して突き放した。旭川龍谷は三回、三浦の左越え2ランなど6安打で同点としたが、以降は打線のつながりに欠けた。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい