特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 羽生善治王座-行方尚史八段 第19局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

さすがの高等戦術

 図の[先]4五桂に、行方は[後]4四銀と上がった。「銀を引くと[先]5五角の筋が残る」と言う。2筋交換後、[後]2二歩では[後]2三歩が自然だが、[先]4四飛[後]同歩[先]5五角の強襲が成立する。飛車取りと[先]4四角がうるさい。「先手は飛車に強い構えなので手になっちゃう」と行方は言う。

 羽生は[後]2二歩を確認すると、一転穏やかな持久戦調に切り替えた。羽生の真の狙いは、早仕掛けで2筋をしゃがませ、後手の駒組みに制限をかけることだったのだ。さすがの高等戦術で、行方は「[後]2二歩と打たされてそこから組まれるのを軽視した」とうなった。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文772文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集