オオヒシクイ

今季初飛来 琵琶湖に6羽 長浜 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
湖岸で羽を休めるオオヒシクイ=滋賀・湖北野鳥センター提供
湖岸で羽を休めるオオヒシクイ=滋賀・湖北野鳥センター提供

 国の天然記念物に指定されている冬の渡り鳥、オオヒシクイ6羽が6日、湖北野鳥センター(長浜市湖北町今西)近くの琵琶湖に今季初飛来した。同日早朝、巡回中のセンター職員が確認した。長旅の疲れを癒やすかのように湖岸で羽を休め、餌をついばんでいる。初飛来は昨年より6日遅い。

 オオヒシクイはガンの仲間で、羽を広げた…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文290文字)

あわせて読みたい

注目の特集