メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県立神島高校 フレッシュスムージー開発 /和歌山

「早摘みみかんのフレッシュスムージー」を作る和歌山県立神島高校の(右から)小山達也さん、池永彩乃さん、玉井暖茄さん=和歌山県田辺市秋津町のJA紀南ファーマーズマーケット紀菜柑で、藤田宰司撮影

摘果ミカンを有効活用

 おいしいミカンを作るために間引いた「摘果ミカン」を使い、県立神島高校(田辺市文里2)の3年生が「早摘みみかんのフレッシュスムージー」を開発した。JA紀南の直売所で今月1日、実演販売したところ「香りがさわやか」「酸味とほろ苦さがいい」と好評。廃棄されることが多い摘果ミカンの活用方法として期待される。

 ミカンは、すべての果実をつけたままにしておくと、栄養を奪い合っておいしくならず、翌年は実がつきにく…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです