メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

共産が3区で擁立取りやめ 塩村氏を支援 /広島

 共産党県委員会は6日、県庁で記者会見し、衆院選の広島3区で立候補を予定していた新人の清水貞子氏(70)の擁立を取りやめると発表した。野党共闘の枠組みを踏まえ、民進系で無所属で出馬予定の塩村文夏氏(39)の支援に回る。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文316文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです