メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

被災地応援ソング制作中 久留米大生とラッパーがコラボ /福岡

 久留米大学生たちが朝倉市のラップ音楽家と協力し、九州北部豪雨の被災地応援ソングの制作に取り組んでいる。12月初旬にはCD、DVDを発表する計画。制作費の一部を賄うためインターネットで資金を集めるクラウドファンディングを15日まで実施している。【上田泰嗣】

 学生は文学部国際文化学科の神本秀爾講師のゼミ生を中心とした有志約20人。「ckgz(チクゴズ)」を名乗り、昨年は筑後地方をテーマにした曲「チクゴノワ」を作った。2作目となる今年は豪雨災害の発生でテーマを変更し、被災地支援に…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです