点字

ホテル客室に表示を イベント控え、視覚障害者から 対応進めば施設の評価にも /鹿児島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来年の明治維新150周年や2020年の国体開催を前に、県内の視覚障害者から、宿泊施設に客室番号の点字表示を求める声が上がっている。各施設が段差解消などのバリアフリー化に取り組む一方、点字への対応は進んでいないのが現状で、視覚障害者からは「これから鹿児島に関心も集まるので、積極的に対応してほしい」との声が上がる。【杣谷健太】

 8月末、鹿児島市であった全国盲青年研修大会に、全国から視覚障害者約160人が訪れた。大会開催前、県視覚障害者団体連合会が、宿泊先の「鹿児島東急REIホテル」(鹿児島市中央町)を視察し、利用者に必要な対応を話し合った。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1005文字)

あわせて読みたい

注目の特集