メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

ノーベル平和賞

 「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞が決まったが、核兵器の保有国や、日本も含む核の傘の下にある国々との立場の乖離(かいり)は、依然として大きい。今回の受賞によって、「核なき世界」の実現に向けた国際社会の機運は高まるかもしれないが、ICANがどのように核保有国を核廃絶の議論に取り込んでいくかが大きな課題となる。

 従来、核に関する事柄は国家が扱う主題の代表格だった。市民の意見が入り込む余地は、大きくはなかったと言える。しかし、市民団体などからなるICANは核兵器禁止条約の構想を立てて実現に向け推進することで、これまでのアプローチの仕方に一石を投じた。そういう意味において、今年7月の国連での条約採択は「画期的」であった。今回の平和賞受賞の決定も決して驚きではない。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです