メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核保有国取り込みを 日本国際問題研究所軍縮・不拡散促進センター主任研究員 戸崎洋史氏

 「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞が決まったが、核兵器の保有国や、日本も含む核の傘の下にある国々との立場の乖離(かいり)は、依然として大きい。今回の受賞によって、「核なき世界」の実現に向けた国際社会の機運は高まるかもしれないが、ICANがどのように核保有国を核廃絶の議論に取り込んでいくかが大きな課題となる。

 従来、核に関する事柄は国家が扱う主題の代表格だった。市民の意見が入り込む余地は、大きくはなかったと…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1473文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]