メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

政治家の生き方を選ぶ=伊藤智永

=コラージュ・清田万作

 衆院解散に反対だったはずの菅義偉官房長官に、側近議員が

 「なぜ同意したんですか」

 と尋ねたら、答えたそうだ。

 「反対したさ。でも、総理が言うんだ。国会が始まったら、またモリ・カケ(森友・加計両学園問題)ばかりだろ、もうリセット(機器の動作を最初の状態に戻すこと)したいんだって」

 安倍晋三首相が国会開会中は疲れきっていらいらし、国会が終わって外遊に出ると元気になるのは、衆目の一致するところだ。

 思えば10年前、第1次政権を放り出したのも9月、臨時国会初日に所信表明演説まで行った翌々日、各党代表質問の1時間前だった。理由は腹痛とされているが、記者会見で本人が述べたのは、国会運営の行き詰まりである。

この記事は有料記事です。

残り1569文字(全文1870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです