メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展覧会「国宝」 竹下景子さんが紹介 音声ガイド好評

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     京都国立博物館で好評開催中の特別展覧会「国宝」の会場で、音声ガイドが人気を集めています。

     同博物館の文化大使を務める女優の竹下景子さんがナビゲーター。今年、新たに国宝に指定された「大日如来坐像」(大阪・金剛寺、通期展示)など、国宝作品に秘められた歴史と美の物語を、竹下さんの語りで分かりやすく紹介しています。さらに、本展のフラッグアーティスト、谷村新司さんが歌うテーマソング「嗚呼(ああ)」を聴くこともできます。所要時間約30分、貸出料金500円(税込み)。

     展覧会がより楽しくなる音声ガイドを、ぜひご利用ください。

     <会期>11月26日(日)まで※展示期間を大きく4期に分けて作品を紹介。月曜休館(10月9日は開館、翌10日休館)。入館は9時半~17時半(金、土曜は19時半まで)<会場>京都国立博物館(京都市東山区茶屋町、京阪電車七条駅から徒歩約7分)<観覧料>一般1500円、大学生1200円、高校生900円。チケットは会場窓口のほか、主要プレイガイド、コンビニなどで販売中<テレホンサービス>075・525・2473<公式サイト>http://kyoto-kokuhou2017.jp/

     主催 毎日新聞社など

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 橋本力さん83歳=俳優
    2. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
    3. ブラック彼氏 自分の仕事を熱く語る男はモラハラ系かも…見抜くポイントや対処法、弁護士が指南
    4. 川崎・女性刺殺 容疑者「苦しみながら死ぬ顔見たかった」
    5. 多摩川少年水死 男3人を殺人容疑で逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]