メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 センバツ 21世紀枠の候補校を発表 一覧へ

社告

認知症と運転、分かりやすく 公開講座参加募集 21日・大阪市北区

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     大阪府民公開講座「認知症と運転免許証」を21日、大阪市北区の毎日インテシオで開催します。大阪府内在住の高齢者とその家族、医療・福祉関係者などが対象で、参加者を募集中です。申し込み先着120人に聴講券をお送りします。みなさんの応募をお待ちしています。参加無料です。

     超高齢社会を迎え、増え続ける高齢ドライバーによる交通事故は深刻な社会問題になっています。本講座では、気づきにくい認知症の症状や事故の原因になりやすい病気についてのほか、運転免許証の自主返納制度について医師、警察双方の立場から分かりやすくお話しします。また、認知症予防として注目される「笑い」の効果を体験していただくため「落語コーナー」も用意しました。

     <日時・会場>21日(土)14~16時、毎日インテシオ大会議室(大阪市北区梅田3、JR大阪駅桜橋口から徒歩約8分)<講演内容・講師>「知っておきたい認知症を起こすいくつかの病気」(望月秀樹・大阪大学教授<神経内科学>)▽古典落語「首提灯(くびちょうちん)」(落語家・笑福亭遊喬さん)▽「運転免許証の自主返納について」(左近昭紀・大阪府警本部運転免許課調査官)

     <申し込み・問い合わせ>はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数を記入し、〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8の8の3の201、大阪府医師自動車連盟(06・7896・3991)へ

     主催 大阪府医師自動車連盟▽協力 大阪府警察本部▽後援 毎日新聞社、大阪府医師会、大阪府警察医会

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
    3. 受精卵無断移植 提訴の元夫、娘にどう接したら
    4. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
    5. 奈良の病院 夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]