メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

こうすれば誰でも簡単! いますぐ使えるブレスレット&ベルト交換術[後編](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

カスタマイズやセルフメンテナンス時にも役に立つ、ブレスレット&ベルトの交換術。前編では、交換作業に必要な専用工具や事前準備などをご紹介しましたが、いよいよ実践編です。ぜひ前回の記事を復習してから、行ってみてください。

20171004_hayashi_WN_01

 

いよいよ、取りはずしをスタート!

20171004_hayashi_WN_02

二股状先端部をバネ棒の肩部分に差し込み、そのまま軽く押し下げれば、バネが縮んで穴からはずれます。片方のバネ棒が穴からはずれてもそのまま動かさず、同じ要領で反対側のバネ棒も穴からはずします。

 

20171004_hayashi_WN_03

左右のバネ棒がどちらもはずれたら、左手でケースを、右手でブレス類を持って、そのままそっとスライドさせるようにゆっくりと引き離していきます。この時、片方のバネ棒が穴などに引っ掛かっていると、バネ棒が勢いよく飛び出してしまうこともあるので注意しましょう。

 

取り付けの手順は?

20171004_hayashi_WN_04

取りはずしの時と同じように、バネ棒の飛び出し事故に備えて、ラグの内側部分にセロテープを貼ってマスキング処理をしておきます。

 

20171004_hayashi_WN_05

ブレス類をラグの間にセットしたら、片方のバネ棒の肩部分を押し下げながら移動し、ラグの穴に差し込みます。終わったら、もう片方も同じ要領で。

 

20171004_hayashi_WN_06

バネ棒がしっかりと穴にはまっていないと、着用中にブレス類が抜け落ちてしまうので、作業終了後には装着具合を確認しておきましょう。

 

作業をする上での注意点は?

ブレスレットやベルトの交換は、基本的には上記の手順でOKですが、作業に不慣れな方はラグやブレスにキズを付けてしまう危険があるので、いきなり高級時計で実施せず、普段使いの時計で十分に習熟してから行なう方が賢明です。

 

また、18KG素材は特にキズが付きやすいので、自分での交換作業は非常にリスキー。メーカーカスタマーなど、プロに依頼するのを厳守しましょう。

 

 

【関連記事】
「バネ棒はずし」の準備はOK? いますぐ使えるブレスレット&ベルト交換術【前編】
世界のビジネスマンを支え続けるシチズン「アテッサ」、30年の節目に革新的な新シリーズを発売!
争奪戦必至!? 世界中のセイコーファンが熱視線を送る「セイコーアストロン」誕生5周年限定モデル
【腕時計の新常識】2017年のダイアル事情は?
【2017年の腕時計ケース事情】定番の貴金属や合金に加えて夢のある新素材たちが台頭!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです