メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

トランプ米政権、関税ゼロの基準厳格化提案へ

米報道 調達基準85%に引き上げと米製部品使用50%も

 【ワシントン清水憲司】複数の米メディアは6日、米国とカナダ、メキシコの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、トランプ米政権が自動車に「関税ゼロ」を適用する際の部品の調達基準を厳格化し、さらに米国製品の使用率を高める提案を行うと報じた。カナダとメキシコの反対は必至で、北米に生産拠点を置く日本の自動車メーカーなどにも影響が出る恐れがある。

 自動車部品の調達基準は「原産地規則」と呼ばれ、NAFTA域内で生産された部品を62.5%以上含む自…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです