シリア

戦闘が激化 民間人犠牲急増

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ杉尾直哉】シリアでの戦闘が激化し、民間人の犠牲者が急増している。ロシア軍が東部デリゾールなどで集中的に空爆を実施しているのが主因とみられ、赤十字国際委員会(ICRC、本部・ジュネーブ)によると死者は過去2週間で少なくとも数百人に達した。

 ICRCは5日の声明で「手段を選ばず戦闘に勝利することは不法であるばかりでなく、これだけの人的被害を考えれば容認できない。シリアで戦うすべての当事者に自制と国際法順守を求める」と訴えている。

 ICRCによると、戦闘の激化ぶりは、昨年12月にシリア政府軍が北部の大都市アレッポを制圧したとき以来の規模。デリゾールや北部ラッカ、アレッポなどで発生している。ロシア主導で「緊張緩和地帯(安全地帯)」に指定された北西部イドリブ県や西部ハマ県、首都ダマスカス郊外グータの東部でも戦闘が起きているという。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文638文字)

あわせて読みたい

ニュース特集