メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

ICAN、若いメンバー核に若者の発想で

 ノーベル平和賞に決まった核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)。約100カ国の団体が加盟する世界的なネットワークのICANは、各国の平和団体に所属する20~40代の若いメンバーが中心だ。今年3月、ニューヨークの国連本部であった核兵器禁止条約の交渉会議では、若者らしい発想で各国政府に現実的な働きかけをしていた。

 条約交渉の場でメンバーらは積極的に発言し、動画などでその様子をリアルタイムに世界発信。交渉に参加しない国への批判を込め、大きな折り鶴を会議の不参加国の机に置いたり、「WISH YOU HERE(あなたがここにいれば)」というボードと非参加国の旗を持った写真をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に掲載したりするキャンペーンも展開した。核兵器の危険性を冷静に分析し、現実的な手法で政治に働…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです