メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危険生物

徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

徳島県牟岐町で見つかったヒョウモンダコ=同県提供

 猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」が、徳島県牟岐町の貝の資料館「モラスコむぎ」近くの松ケ磯で見つかった。かまれると、最悪の場合死亡する恐れもあり、同県は「見慣れない生物を見つけても絶対に触らず、かまれた場合はすぐに医療機関を受診してほしい」と呼び掛けている。

 県水産振興課によると、ヒョウモンダコは全長10センチ程度と小型で、体は褐色。全身にある環状の青い斑紋は、刺激を受けると蛍光色に変わる。唾液にはフグと同じ猛毒「テトロドトキシン」があり、かまれると全身まひなどが起こり、国外では死亡例もある。主に温暖な海域で見られるという。

 松ケ磯周辺で生物調査をしていたNPO法人「カイフネイチャーネットワーク」のメンバーが4日午前、タコを見つけ、県立農林水産総合技術支援センター水産研究課美波庁舎に持ち込んだ。

 報告を受けた牟岐町は同日、町内放送などで住民に注意を呼び掛けた。その後、ヒョウモンダコの目撃情報は寄せられていないという。【大坂和也】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]