特集

第49回衆院選

第49回衆院選に関する話題をまとめたページです。

特集一覧

衆院選

消費税、改憲、原発争点に 3極の違い鮮明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民、希望、立憲民主各党の主張
自民、希望、立憲民主各党の主張

 希望の党が6日、衆院選(10日公示・22日投開票)の公約を発表し、主要政党の公約がほぼ出そろった。主要争点は消費増税、憲法改正、原発の3テーマになりそうだ。「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「立憲民主・共産・社民」の3極の違いが鮮明になっている。

 2019年10月の消費税率10%への引き上げを巡っては、自民、公明両党は増税を前提に全世代型社会保障への転換や軽減税率導入を掲げる。それに対し、希望、維新両党はともに「凍結」を表明。立憲…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る