特集

ノーベル賞

ノーベル賞に関する特集ページです。

特集一覧

ノーベル賞

「ICAN」平和賞 核兵器廃絶キャンペーン

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
団体の横断幕を手にノーベル平和賞受賞の決定を喜ぶ国際NGOネットワーク「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のメンバー=スイスのジュネーブで2017年10月6日、ロイター
団体の横断幕を手にノーベル平和賞受賞の決定を喜ぶ国際NGOネットワーク「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のメンバー=スイスのジュネーブで2017年10月6日、ロイター

 【矢野純一(ロンドン)、三木幸治(ウィーン)、山田尚弘】ノルウェーのノーベル賞委員会は6日、今年7月に国連で採択された核兵器を違法とする核兵器禁止条約の成立で「主導的役割を果たした」として、今年のノーベル平和賞を、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN・本部ジュネーブ)に授与すると発表した。ICANは、核の非人道性を訴え、広島や長崎の被爆者や日本の反核・平和運動の中心的存在である日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)と連携して運動を展開していた。核軍縮関連は、2009年に「核兵器なき世界」を唱えたオバマ米大統領(当時)が受賞して以来。

 アンデルセン委員長は授賞理由で「核兵器使用が人道上破壊的な結果を導くという危険性を訴え、核兵器禁止条約の制定で革新的な努力をした」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1418文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集