日本盲導犬協会

創立50周年 利用者と犬180組一堂に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本盲導犬協会創立50周年式典に出席した利用者たち=東京都新宿区で2017年10月6日午後2時15分、根岸基弘撮影
日本盲導犬協会創立50周年式典に出席した利用者たち=東京都新宿区で2017年10月6日午後2時15分、根岸基弘撮影

 日本盲導犬協会(井上幸彦理事長)の創立50周年の記念式典が6日、東京都内で開かれ、全国から盲導犬の利用者とパートナーの犬約180組が集まった。国内では現在、約950頭の盲導犬が活動しているが、これだけの数の利用者と盲導犬が一堂に会するのは例がないという。式典の間、犬たちは静かに利用者の足元で待機していた。

 同協会は1967年に当時の厚生省に認可され、視覚障害者が盲導犬とともに暮らしやすい社会づくりを目指してきた。盲導犬訓練士学校を開設したほか、刑務所の受刑者が盲導犬候補の子犬を育てることで社会復帰を促進するプロジェクトなどにも取り組む。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集