メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤田保健大病院

重度脳損傷の病床設置 リハビリまで実施

自動車事故による重度の脳損傷患者が専門病床に入院するまでの典型的経過

 交通事故の被害者対策を担う国土交通省所管の独立行政法人「自動車事故対策機構」は6日、事故による脳損傷で最重度の障害を負った患者を治療する専門病床(5床)を、藤田保健衛生大学病院(愛知県豊明市)に委託すると発表した。これで機構の専門病床は全国9カ所計295床になる。事故直後から患者を受け入れ、リハビリまで一貫して行う新しいタイプの専門病床(一貫症例研究型)で、来年1月から患者を受け入れる予定。

     機構は自賠責保険の資金を活用し、50~80床の「療護センター」4カ所と、一般病院に委託してセンターに準じた治療を行う「委託病床」(12~20床)4カ所を運営。「遷延(せんえん)性意識障害」と呼ばれる最重度の患者が手厚い治療とリハビリを最長3年間受けられる。

     従来の専門病床は、複数の病院で治療を受け、病状が安定した患者を受け入れており、事故から入院まで通常1年程度かかる。だが、機構の調査によると、専門病床に入るまでの期間が短いほど改善する傾向がある。

     同大学病院に開設される一貫症例研究型の委託病床は、入院までの期間を短縮する狙いがある。事故直後から同病院の救命救急センターで受け入れ、急性期治療をした後、併設の専門病床で同じ医師らがリハビリを一貫して行う。効果が確認されれば、機構は委託先を拡大する方針だ。

     この日記者会見した湯沢由紀夫病院長は「最重度の後遺障害者に対する医療モデルを確立し、成果を日本中に発信していきたい」と抱負を語った。【江刺正嘉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か
    2. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
    3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
    4. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
    5. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]