特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 羽生善治王座-行方尚史八段 第19局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

軟体右玉で行方反撃

 行方は駒の連結がよくなり、一定の感触を持っていた。後手番の右玉だったが、千日手の戦略はあまり考えていなかったようだ。その表れが[後]3六歩~[後]3三桂。積極的な動きで、行方は「3筋をとがめにいかないと。4五の桂の存在感が大きいので、ぶつけにいった」と話した。

 羽生は[先]5六角と要所に打った。[後]4四銀に、[先]2三角成は(1)[後]同金[先]同飛成[後]1二角、あるいは(2)[後]2八歩。いずれも先手がうまくいかない。そこで羽生は[先]7五歩と桂頭を狙った。[後]同歩なら[先]7四歩。受け方が難しいと思ったが、行方はあっさり桂損の順を受け入れた。指されてみればなるほどで、[後]7三同玉と取り返した格好には右玉特有の軟体的な捕まえづらさがあ…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文840文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集