特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 近江、接戦制し4強 近江兄弟社はコールドで /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【近江兄弟社-日野】三回表近江兄弟社2死三塁、平井が体勢を崩されながらも左前適時打を放ち、口分田が生還=滋賀県彦根市の県立彦根球場で、小西雄介撮影 拡大
【近江兄弟社-日野】三回表近江兄弟社2死三塁、平井が体勢を崩されながらも左前適時打を放ち、口分田が生還=滋賀県彦根市の県立彦根球場で、小西雄介撮影

 秋季近畿地区高校野球県大会(県高野連主催)は7日、県立彦根球場(彦根市)で準々決勝2試合があった。近江は膳所との接戦を制し、近江兄弟社は日野に六回コールド勝ちして4強入りを決めた。

2試合は順延

 皇子山球場(大津市)で予定されていた準々決勝の残り2試合は雨のため8日に順延された。これに伴い、準決勝は9日に同球場で、決勝と3位決定戦は14日に彦根球場で行われる予定。【小西雄介】

 ▽準々決勝

 ○…県立彦根球場…○

膳所 000000100=1

近江 01002000×=3

 (膳)手塚-石川唯

 (近)金城-有馬

▽三塁打 平井崇(膳)

▽二塁打 渡辺(膳)原田、金城(近)

 近江は二回、原田の二塁打などで先制。五回にも金城の二塁打や住谷の適時打などで加点した。主戦の金城は10三振を奪い、2安打に抑えて完投。膳所は七回、平井崇の三塁打などで1点を返したが、後が続かなかった。

近江兄弟社 002343=12

日野    000020=2

 (六回コールド)

 (近)奥川、小澤-平井

 (日)小西、古谷、小西-金井

▽三塁打 奥川、鈴嶋(近)

▽二塁打 野村(近)西(日)

 近江兄弟社は三回、平井の適時打などで2点先制。五回には野村と奥川の連続長打など打者一巡で4点を奪って突き放した。機動力を発揮し、8盗塁を決めた。日野は五回に西が2点適時二塁打を放って意地を見せた。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る