メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選2017

決戦の構図 6区 「亀井票」の行方に注目 /広島

広島県6区

 小選挙区制が導入された1996年から7期連続で議席を得てきた元金融担当相の亀井静香氏(80)=無所属=が、公示直前に引退を表明。3選を目指す自民前職の小島敏文(67)▽希望元職の佐藤公治(58)▽共産新人の寺田明充(66)-の3氏が争う。亀井氏は2014年の前回選で約8万9000票を獲得しており、北部を中心とした「亀井票」の行方に注目が集まる。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文936文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです