特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 鳴門VS生光学園 きょう決勝 四国大会出場へ /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【生光学園-鳴門渦潮】五回表生光学園1死満塁、梶谷のスクイズで大西が生還=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、大坂和也撮影
【生光学園-鳴門渦潮】五回表生光学園1死満塁、梶谷のスクイズで大西が生還=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、大坂和也撮影

 第70回県高校野球秋季大会(県高野連主催)は7日、鳴門市のオロナミンC球場で準決勝2試合があった。鳴門と生光学園が決勝に進み、来春のセンバツ出場校を選ぶ参考資料となる秋季四国地区高校野球大会(高知県)への出場を決めた。

 決勝は、8日午後1時試合開始。決勝に先立ち、3位決定戦が同日午前10時から、いずれも同球場で行われる。3位決定戦では富岡西と鳴門渦潮が、四国大会への切符を懸けて対戦する。【大坂和也】

 ▽準決勝

富岡西

  00000000=0

  00023011=7

鳴門

 (八回コールド)

 (富)浮橋、末広-村上

 (鳴)西野-中村

 鳴門が投打に圧倒した。四回、浦からの5連打で2点を先制。七回に中村、八回に宮崎の犠飛で着実に加点した。投げては主戦西野が14奪三振。富岡西は八回に1死二、三塁と攻めたが、後続が三振に倒れた。

生光学園

  024013101=12

  003000210=6

鳴門渦潮

 (生)斉藤、梶谷、寿見-山口

 (鳴)鈴江、佐藤、下村、服部-加藤

▽本塁打 湯浅(生)

▽三塁打 吉田大、月岡(生)岡田、宇井(鳴)

▽二塁打 森本、山口、吉田大(生)加藤(鳴)

 生光学園が序盤で突き放した。二回に栄などの適時打で2点を先制。三回は吉田大の三塁打などで4点を挙げ、六回の湯浅の3点本塁打で試合を決めた。鳴門渦潮は岡田の三塁打などで食らいついたが、守備が乱れた。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る