特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球

九州地区県大会 長崎商、創成館決勝へ 両校、九州大会に出場 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【長崎南山-長崎商】六回裏長崎商1死満塁、枡屋選手のスクイズで三塁走者・中野選手が生還し、決勝点を挙げる 拡大
【長崎南山-長崎商】六回裏長崎商1死満塁、枡屋選手のスクイズで三塁走者・中野選手が生還し、決勝点を挙げる

 第141回九州地区高校野球県大会は7日、長崎市の県営野球場で準決勝2試合があった。長崎商が2-1で長崎南山との接戦を制し、創成館は5-2で海星の反撃を振り切った。決勝は8日午前11時から同球場である。決勝進出を決めた2校は21日に宮崎県で開幕する九州大会に出場する。長崎商は3季ぶり13回目、創成館は6季ぶり10回目の出場。九州大会での成績は来春のセンバツ出場校の重要な参考資料となる。【浅野孝仁】

長崎商、逃げ切る

 ▽準決勝

長崎南山

  100000000=1

  10000100×=2

長崎商

 (南)松永-田代

 (商)枡屋、山田-三浦

 長崎商は同点の六回、1死満塁から枡屋選手のスクイズで決勝点を挙げて逃げ切った。投げては先発の枡屋選手が九回2死まで散発4安打に抑える好投。長崎南山は一回に松下選手の適時打で先制したが、追加点を奪えなかった。

創成館、終始リード

創成館

  300000101=5

  000010001=2

海星

 (創)川原、戸田-平松

 (海)小林、鵜瀬、木村、荒木、宮本、柴田-方尺

▽本塁打 峯(創)

▽二塁打 杉原(創)松尾悠(海)

 創成館は一回、松浪選手と川原選手の適時打で3点を先取。終盤にも峯のランニングホームランなどで追加点を挙げた。先発の川原選手は九回途中まで無四球で被安打2に抑えた。海星は九回に松尾倫選手の適時打で1点を返したが、反撃が遅かった。

〔長崎版〕

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る