衆院選

8党首、論戦本格化 小池氏「9条議論不可避」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
党首討論で議論を終え、率先して握手を促す希望の党の小池百合子代表(左から4人目)ら与野党の党首=東京都港区で2017年10月7日午後8時45分、小川昌宏撮影
党首討論で議論を終え、率先して握手を促す希望の党の小池百合子代表(左から4人目)ら与野党の党首=東京都港区で2017年10月7日午後8時45分、小川昌宏撮影

 衆院選(10日公示・22日投開票)は7日、各党首の論戦が本格化した。安倍晋三首相(自民党総裁)や希望の党の小池百合子代表(東京都知事)、立憲民主党の枝野幸男代表らが街頭に立ち、同日夜にはインターネット中継の「ネット党首討論」で8党首が初めて顔をそろえた。【松本晃、竹内望】

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文834文字)

あわせて読みたい