連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

東芝半導体売却 「日米韓連合」と契約 迷走の7カ月 綱川社長、WD巡り板挟み

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東芝の半導体売却交渉は迷走を続けた
東芝の半導体売却交渉は迷走を続けた

 東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却先選びは、米ファンドのベインキャピタルや韓国の半導体大手SKハイニックスなどが参加する「日米韓連合」と9月28日に契約を締結し、決着した。海外原発事業の損失を穴埋めするため、事業の過半売却を決めて7カ月。東芝はなぜ迷走したのか、検証した。

 「いろいろな利害関係者、制約条件があり、非常に苦労した。最後の詰めの1カ月は睡眠を取るのも難しかった」。ベインの杉本勇次・日本代表は10月5日の記者会見で振り返った。

 潮目が変わったのは8月29日だった。東芝は東芝メモリを協業先の米ウエスタン・デジタル(WD)に売却しようと作業を急いでいた。銀行団は8月末までの売却先決定を迫っていた。だが交渉は一筋縄ではいかない。口頭で約束したことが、WDが示した契約文書に反映されていなかった。東芝がいら立ちを募らせていたところに舞い込んだのがベインの新提案だった。

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2838文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集