メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

動作の基本、子どものうちに

今年7~8月、宇都宮大の加藤謙一教授が小学4~6年生を対象に開いた「かけっこ教室」で走る子どもたち=加藤教授提供

 ●前転で頭打つ子も

 「マット運動で前転をする時に首を曲げられず頭を打つ子や、ボール投げで右手と右足が同時に出る子がいる」。非常勤講師として東京都内の公立小中学校で体育を教える男性(35)は、子どもたちの現状をこう説明する。男性によると、サッカーは抜群にうまいが全く泳げないなど極端な例もある。スポーツ少年団やスクールで特定のスポーツにだけ取り組むことで、幅広い動きを身につけられていないケースもある。

 こうした動きの質の低下は、就学前の幼児期から始まっている可能性がある。宇都宮大学の加藤謙一教授(発育発達学)らが2015年に行った調査では、36年前の幼児と比べて走る能力が劣っていることを示唆する結果が出た。調査は5歳の男児12人と女児14人を対象に25メートル走をビデオカメラで撮影し、タイムや地面に足がついている時間など8項目について分析。1979年に5歳の男児15人、女児13人を対象に行われ…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです