メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

F1 日本GP 予選から新記録 ハミルトンPP

コース新記録でポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトン(手前)=鈴鹿サーキットで2017年10月7日、木葉健二撮影

 自動車のF1世界選手権第16戦、日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキット(1周5・807キロ)で公式予選を行い、ルイス・ハミルトン(英国)が1分27秒319のコース新記録をマークし、今季10度目、鈴鹿では初のポールポジション(PP)を獲得した。2位はバルテリ・ボッタス(フィンランド)で、メルセデス勢が1、2位を独占した。決勝は8日午後2時開始。

 マクラーレン・ホンダ勢はストフェル・バンドーン(ベルギー)が11位。フェルナンド・アロンソ(スペイ…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです