連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

衆院解散で政治「液状化」 「小池にはまってさあ大変」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=松尾貴史さん作
=松尾貴史さん作

 膠着(こうちゃく)していると思っていた政治が、一気に流動化した、というよりも液状化したような騒ぎになっている。「今なら勝てる」と踏んだ安倍晋三総理が衆議院の解散を決め、森友学園や加計(かけ)学園にまつわる疑惑追及から逃げ切れると思ったのだろうけれども、昨年少し囃(はや)された「小池にはまってさあ大変」の替え歌よろしく、またもや耳目を巧みに奪われ、小池百合子東京都知事のペースで既存の与野党もマスコミも右往左往といった状況になった。

 そもそもこういう機会を、「緑のたぬき」とあだ名される小池氏が虎視眈々(たんたん)と狙っていたであろうことは想像に難くない。今年の2月にはすでに「希望の党」の名称を商標出願していたという話まで伝わってきた。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1519文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集