メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

栃木・那須塩原 とて焼き クレープの形も異なる食感 馬車由来、温泉街に活気 /東京

とて焼きを発案した今井屋製菓の塩田和正さん=栃木県那須塩原市塩原で

 首都圏からほど近い日光国立公園内にある塩原温泉郷(栃木県那須塩原市)。温泉街のご当地グルメとして人気を集めているのが、デザートでも食事でも楽しめると評判の「とて焼き」だ。クレープのような形だが、カステラに近い生地でボリュームたっぷり。食べ歩きのお供にうれしい「ワンハンドフード」を味わってみた。【李舜】

 「トテー、トテー」。栃木県北部の塩原温泉郷を散策していると、ラッパのような音が聞こえてきた。大正期から温泉街の交通手段として、親しまれてきた観光遊覧馬車「トテ馬車」のクラクション。地元名物のこの馬車こそ、「とて焼き」の名前の由来という。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです